チャットレディ徹底解説 > 東京オリンピックがチャンス?

チャットレディもオリンピックに便乗する

2020年の東京オリンピックでたくさんの外国の方が来日されるのは間違いありません。

チャットレディとは一見関係のないことのように感じますが、考え方によってはこれはチャンスです。

外国の方が多くいるので、会って話す機会が増える=ライブチャットのお客さんに誘導する。ひとことで言えば営業ではありますが、特段、文章力が得意でブログだけでお客さんがついてくれるなどない限り、こういった地道な活動は非常に重要となります。「それだったら日本人相手でもいいのでは?」当然それができるに越したことはありませんが、日本人の人にチャットレディしていることを言うのと、外国の方にいうのでは、気持ち的にハードルが変わるのではないでしょうか?特にオリンピックのためだけにきている外国の方は、ずっと日本にいるわけではないので、帰国しますのであながチャットレディをしていることを多くの人が知ることはないのではないでしょうか?

一つ言葉の壁といった問題があります。

英語を話せれば、特段問題はないです。そういった場合どうすればいいのか?

  • 例えば、名刺のようなものや、メモにあなたの存在がわかる、ライブチャットサービス内のURLを記載しておいたり、またはURLでQRコードを作って印刷したものを渡したりと、方法はいくらでもあります。
  • 外人の友達をい作る!これはHubと呼ばれる外国人が多く集まるバーなどにいくことをおすすめします。
  • 翻訳アプリを使う

名刺のようなものを渡すには最低限の英語が必要だと思います。会っていきなり「チャットレディやってるので、ここにアクセスしてね!」は誰だってひいちゃいます。

理想は相手に聞かれることです。私はこういうものですではなく、仕事は何しているの?で回答が自然な流れになります。

まったくでも英語ができない!こればっかりは覚えろ!というしかないと・・思いきや、Google翻訳アプリを使いましょう。iosでもandroidでも出ているアプリなのですが、英語の文字をカメラで撮ってそれを文字と認識して翻訳してくれます。

日本語を英語にもできますし、当然その逆もできます。下記画像は「おはよう」を書いた紙を撮影したものです。

Google翻訳アプリ
年齢職業職業
29歳チャットレディ3年

このように、言葉が通じなくてもアプリなどのツールを使えば、言葉の壁はどうにでもなる時代です。

今回は外国の方と結婚された、チャットレディのMさんにお話をお伺いしましたのでよろしければご覧ください。

Q外人の方って、ライブチャットやチャットレディに抵抗はないのですかね?
Aありますよ。そこは日本の文化とさほど変わらないと思います。ただ、私の場合、旦那と会ったのは世界的ライブチャットサービスですので、 旦那は私が当然働いていたのを知ってはいます。だからといって、私が今チャットレディをしているのはよくは思っていません。
Qお国柄というよりも、個人の考え次第ってことですね。Mさんは英語も話せるのであれば、英会話教室や英語にちなんだお仕事も探せばあると思うのですが、なぜチャットレディを続けているのでしょうか?
A多少なり話せますが、ライブチャットは単純に男性と話せるからトキメク時がやめられないです。当然旦那には悪いなぁと思っているのですが、こうやってストレスを発散しているので夫婦が長く続くコツだと思います。
Q旦那さんと仲良くしていくためにはチャットレディは必要ということですね。
Aそれは言い訳かもしれませんが、理由の一つかなって思いますよ

東京オリンピックのチャンスを生かすのはあなた次第です。