チャットレディ徹底解説 > ニコニコ生放送と比べてみました

ニコニコ生放送とチャットレディ

ニコニコ生放送を自分で配信している人はなぜチャットレディでお仕事をしないのか調べてみました。
チャットレディは、お客さんと話すことによって収入を得ている言わば仕事です。

ニコニコ生放送に関しては、自分で誰かにというよりも、不特定多数に発信ができるサービスなので、誰かと話すという感じではないですね。
どちらがより自由かと考えたときに、ニコニコ生放送のほうが報酬は発生していない分、自由度は高い気がします。本日はニコニコ生放送とチャットレディの両方をやっているRさんにインタビューしてみました。

ニコ生をする理由

  • 自分の表現できる場所
  • 不特定多数に発信
  • 楽しい

インターネット世代のRさんにお話を聞いてみました

年齢職業職歴
20歳フリーター5ヶ月
Q早速なのですが、いわゆるニコ生をやる意味を教えてください。
A私は音楽が好きで、ひたすら自分の好きな音楽について語りたいなって思ったからです。
QRさんはチャットレディもされているとのことですが、実際にニコ生との大きな違いはなんでしょうか?
Aやっぱり好き勝手できるかできないかですね。さすがにチャットレディで働いているときは、ニコ生とは話し方も全然違いますよ。
Q具体的にどのように違うのでしょうか?
Aそうですね。ニコ生は趣味。チャットレディは仕事というところでしょうかね。でも共通しているなって思う部分もあるんですよ、自分が誰かに見られているって点では同じですしね。相手がいるってことも一緒です。
Qお仕事とのことですが、お仕事でなければやっぱりやっていないものなのですか?
Aう~ん。それは難しいですね。実際にやっているかもしれませんが、お仕事でなければニコ生と変わらないですよね^^
Q間違いないですね。ではRさんにとってライブチャットとはなんでしょうか?
Aどんな形であれ自分を表現できる場所だと思っています。それが仕事でも趣味でも、自分でなきゃ出来ないことを心がけています。

Rさんは20歳で、物心ついた時からインターネットにふれている世代なので、インターネットを通じて自分を発信することに抵抗のない世代なのですね。