チャットレディ徹底解説 > 女性がアルバイトを選ぶ基準

チャットレディの義務

チャットレディを本業としている方は収入によって、確定申告をしないといけません。法律上、チャットレディで働く人は個人事業者の扱いになります。なので職業に関係なく、年間の所得が38万円を超えた場合は確定申告をしないといけないんですね。

年間の所得額というのは、収入から必要経費を引いた額になります。必要経費というのは例えば、インターネット代、カメラなどの周辺機器、チャットレディとして収入を得るために掛かった費用の事です。(※必要経費は領収書、又はレシートがないと認められません。)

チャットレディを副業にしている方は、年間の収入が20万円を超えると確定申告をしないといけなくなります。逆に20万円以下の場合は申告をしなくていいんですね。・所得区分について考えよう。チャットレディの所得は、事業所得と雑所得に区分されます。年間の収入が100万円を超える場合は事業所得として扱われる場合があります。

事業所得の場合、「青色申告」、「白色申告」どちらかを選んで申告できます。雑所得の場合は、「白色申告」しかできません。所得が38万円を超えていて、確定申告をしようと考えている方はまず、どういう申告をするかを考えましょう。白色申告と青色申告では、利点がそれぞれ変わってきます。

一言で簡単に言ってしまえば、所得税が多く取られるか、取られないかの違いになってくると思います。白色申告の場合は、誰でも簡単に申告できて、必要経費などの記載やレシートなどが不要でお手軽です。ですが、節税メリットは低くなっています。青色申告の場合は、税務署に開業申告をしないといけません、また、控除額によっては必要経費の記載、レシートの有無など、全て管理しないといけなくなります。

ですが、最低でも10万円、多くて65万円までが特別控除になるので、節税メリットはかなり高くなります。チャットレディとしてご活躍されて、年間所得が100万円以下の場合は雑所得に振り分けられるので白色申告になりますが、毎月一定額以上を稼いでいる方で、年間所得が100万円を超える方は、青色申告をオススメします。

白色申告と青色申告の違いは以下のようになっています。

もし夫や、ご家族の扶養内で、チャットレディとしてご活躍されたい方の場合は、収入を38万円以下にしましょう。
必要経費を差し引いた額が38万円以内なら、ご主人の扶養家族になります。確定申告はやらなくてはいけない大切な事です。申告をしなかったら、追徴課税という物が待っていて、自分が働いて得た収入以上の税金と取られてしまう可能性があります。

きちんと申告をしていれば、沢山稼いでも問題はないので、安心して収入UPを目指しましょう!

Eさんは、青色申告なのですか?
Eさんはい。私はチャットレディとして個人事業主でやっていくので青色申告です。
そうですね。白色申告と違い、経費と認められる幅が増えるので、青色申告のほうがお得な気がします。
Eさん実際にEさんは手続きは難しかったですか?
そうでもないですよ。税金というとなんだか難しいイメージでしかありませんが、自分で稼いだお金の種類を整理するだけです。税金を支払う上で、経費なのかそれ以外によって、金額も変わりますので、手元に残るお金を増やしたい場合は、しっかり申告はしたほうがいいです。
Eさんそうですね。白色申告と違い、経費と認められる幅が増えるので、青色申告のほうがお得な気がします。
人によるかもしれませんね。複式簿記をきちんと自分でやっている方は免除などあります。
Eさん慣れですね。30分あれば、理解はできると思いますね。
分からなければ 近くの税務署にいってひたすらやり方を教えてもらえるので、インターネットで調べるより確実に教えてくれますよ。
Eさんそれは間違いないです。私も申告しに何度か相談にいったことがあります。

Eさんは少しでも、お金を手元に残すために、税務署に直接聞きに何度かいったらしいです。まずは、自分がどれくらいの収入なのかを把握するところから始めてみましょう。