チャットレディ徹底解説 > ライブチャット監視センタとは

ライブチャット監視

ライブチャットはサービスである以上、メンテナンスや、イベントなどが、滞りなく運用されるようにできています。そのため、運営はサービスに関して違反がないかなどを調べています。全ての会話は、運営側に監視されていることがほとんどです。監視というと、少し厳しい印象がありますが、実際は、一言一句を確認しているわけではなく、チャットレディからのクレームや、男性会員からのクレームに対応することがほとんどです。なんでもかんでもOKにしてしまうと、有料である意味もなく、ルールが氾濫になり誰でも簡単にできるような感じになれば、それは2chのような掲示板でかまわないですし、有料サービスである必要がありません。

監視センターと呼ばれているかは定かではありませんが、ほとんどのライブチャットサービスは24時間監視がされているので、楽しく安心してサービスを受けるためにも必要なことなのです。チャットレディも監視によってサービスを選ぶ人もいるので重要なことなのは間違いありません。サービスを利用する人の中には、監視が厳しすぎて、他のライブチャットサービスにいったり選んでいるのは事実です。アダルトサイトではないライブチャットでアダルトな発言をしたら、当然違反です。

当たり前のルールさえ守られていれば、そんなには厳しくも感じないはずです。

監視のメリット

  • 安心して働くことができる
  • サービスが氾濫しないですむ

今回は監視について注意された経験のある男性ユーザーOさんに話を聞いてみましたのでよろしければご覧ください。

年齢職業サービス利用歴
32歳会社員6年
Q監視って実際にどれくらい厳しいのでしょうか?
A私は過去に数回監視センターの人に注意されたことがあります
Qどんなことで注意されたのでしょうか?
Aちょっとしつこく住所や本名を聞き出そうとしてしまいました。反省しています。チャットレディの方ではなく、会話が終わってから、監視センターの人から注意をうけました。
Q何か処分とかってあったのでしょうか?
A特にはないです。次回からは気をつけてくださいね。って言われました。
Qそうなると、チャットレディの方からクレームが入ったのですかね?
Aたぶんそうだと思いますが、後日、きちんと謝罪して、今でもたまに会話を楽しみます。
Q確かに悪質ではなさそうですし、他に注意されたことがあるわけではないのですよね?
Aそうですね。いかに楽しく会話するを心がけていますね。

Oさんのように反省をして楽しむために利用をしている人が多いのであれば、ライブチャットもきっとメジャーになりますね

チャットレディ