チャットレディ徹底解説 > チャットのバイトに潜入してみた

サクラアルバイトの真実

今までたくさんの現役チャットレディの方と対談をしてきました。今回は私自身が、チャット関連のバイトに潜入してみました。チャットのバイトという名目で某サイトの掲示板に男性可とあったので、とにかく応募してみました。簡単なメールのやりとりのみで、口座番号は聞かれず・・。指定されたサイトにアクセスをしてみました。

するとそこには・・。やらせ、、いわゆる「サクラ」と呼ばれるバイトの数々が紹介されていたのです。まず私が登録した会社では「在宅で誰でもお仕事できます」とのうたい文句がありました。3時間1万円と結構な額です1時間3,333円の時給は破格です。メールでやりとりを数回して、どうやら都内某所にあるweb制作会社ということが分かりました。HTML/CSS多少なら分かりますので安心しましたがチャットのバイトって?と思いながら、当日指定された会社の入っているビルの一室に入りました。このパソコン使ってといわれたパソコンがまさかのXP。webの会社にしてはなかなかだなと思いました。

モニタが4台もあって、その中には似たような管理画面と随時更新されていく情報が。。どうやら、登録している男性にサクラ行為を働くお仕事だったようです。男性の夢を壊す仕事。。これは詐欺ではないか・・・。なんて思いましたが、今さら帰れない空気満載。男の欲望のままのチャットに、返信するバイトは結構精神的に辛い。相手は男とやりとりしているなんて思ってないし、女性のフリして返信したことなんて経験にない。

1時間もしないうちに帰りました。体調不良と言えば大抵は通る世界だと。ただ、帰りに口外はしないと紙を書かされました。文章で伝えてはいるけど、口外はしていないから約束は今も守ってます。ウェブって改めてコワいなって思いました。ライブチャットのように、サービスだと割り切って利用するものとは違うし、出会えるものだと思って、男性が顔の見えない相手に本気で誘い出すための見栄をたくさん感じました。しかし私の知り合いにも何人か、インターネットをまったく信用していないって人がいます。正確には信用というより、興味がないってことですね。

決してインターネットをしないわけではないのですが、簡単に誰でも情報が出せてしまう時代なので、惑わされるほどどっぷりつかりたくないって人ですね。決して悪いことだけではないですし、いいこともたくさんあります。これって善悪の判断ができればいいだけの話なので、何もインターネットに限ったことではないですね。