チャットレディ徹底解説 > 音声だけでも楽しめる

こんな時代だから新たなサービスが求められる

顔出しはしないで音声のみでチャットレディとして働いている人もいます。募集をかけているライブチャットサービスでは、「顔出しなしでもOK」などの内容も見たことがあります。でも実際に顔を出して働いてくださいと、言われるサイトが少なくないみたいです。
顔出しNGになると、報酬は下がりますし、お客さんがなかなかこないなんてことも珍しくありません。

音声のみのメリット

  • 想像で楽しめる
  • 緊張しない
  • 顔が出てない分、大胆に話せる

今回は、ライブチャットを毎日している男性Kさんにお話を聞いてみましたのでご覧ください。

年齢職業サービス利用歴
33歳法律関係7年
QKさんは、顔なしNGをどう思いますか?
Aサービスを利用する側はそれは分かっていて音声チャットメインでするので、気にしないですね。
QNGはなんででしょうか?
A顔を出すことによって、不特定多数の人に見られるのが嫌なのではないでしょうか。
Q顔が見れないチャットレディの人と、ライブチャットを楽しむことはありますか?
Aありますね。顔を想像しながら会話を楽しみます。想像力と妄想があればより楽しめますね(笑)。
Q確かに想像力がないとつまらないかもしれませんね。
Aこのように音声チャットのみで働く人、そして利用する人がいるので、需要と供給はあるのです。
Q女性の顔が見えないほうが、緊張せずに楽しめる人もいますので、これからどんどんと忙しくなるのかもしれません。
Aどんどん色々なサービスが提供される中で、ライブチャットというサービスも形を変えて、時代にあったサービスに変化をしていかなければならないのではないでしょうか?

ライブチャット = ただ女性と話ができる

だけでは今後、サービスとしては継続してはいかないのでしょうか?

付加価値として何が必要なのか?

サービスは先をいかなくてはならない時代になっていて、求められているものを提供するのではなく、運営する側が提供したものを求めるようにし、サービス先行のものが求められていきます。

「○○みたいなサービスがあればいいな」、では遅くて、サービスを提供して、「こんなサービスがあったんだ!」としていかなければなりません。